GPSは今やビーコンの時代に

位置情報を取得する仕組みのことをGPSと呼びますが、最近はビーコンと呼ぶ位置情報システムが登場しており、中には2つの違いを良く知る人も多いのではないでしょうか。ビーコンは低消費電力の近距離無線技術を利用したもので、ショッピングモールのような施設マップで利用されていることが多いようです。巨大なショッピングモールともなると、散歩気分で出かける場合でも、どこに何があるのかを把握しておけば楽しみも膨らみますし、ましてや買い物目的で初めて訪れる場合には、目的のショップがどこにあるのかを知ることでスムーズな買い物ができるため、施設マップはとても需要なポイントになってきます。GPSは人工衛星からの電波を受信して、現在位置を取得するためのシステムで、ビーコンは半径数十メートル程度の範囲内で発信する電波を受信するための発信機そのものです。

GPSとの違いは発信源であり、人工衛星から放たれる電波は建物の中や地下などの環境下では遮断されやすいので受信ができないデメリットを持ちます。ただ、広範囲に電波が放たれるので、利用可能な範囲は広いなどのメリットおよびビーコンとの違いといえましょう。なお、ビーコンはスマートフォンなどの端末に専用アプリのインストールおよびBluetoothがオンの状態であれば建物内部や地下などの場所でも電波を受信することができるメリット、ある程度の距離内のみ受信ができるなどの特徴を持ちます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.