GPSとビーコンを併用して使う

位置を知ることができる便利なものがGPSと呼ばれるもので、複数の人工衛星から発せられる電波をもとにして自身の地球上の位置を知ることができるものです。ただ精度に関しては、必ずしも高性能と呼べるものではなく特に電波を受信することが難しい場所では、位置を特定することが困難です。このようなGPSで位置を測位するのが難しい場所としては建物の中で、このような場合に有効なのがビーコンと呼ばれる位置を知らせる方法です。ビーコンは、電波を発信する装置で、これによって位置情報を取得することができます。

電波の範囲は限られておりGPSのように屋外で正確な位置を把握するのにはコストがかかりすぎるものですが、建物内に設置するのであれば、それほど大きなコストとはなりません。ビーコンを活用する場面としては、商品点数が多い小売店で商品の位置を知らせるものや、複雑な建物の中で自身の位置を知らせるといったことなどが挙げられます。建物内の案内という意味でメリットがあるもので、これらを使うことでスマートフォンなどの情報端末を用いて正確な位置を知ることができ、行動を効率化することができます。一方で知ることができる範囲は限られているため、より広範囲なエリアをカバーしたいと考えるのであれば、ビーコンとGPSを併用することが大切といえます。

特に建物から建物への屋外での移動といった場合にはビーコンよりもGPSの方が優れているものです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.