GPSとビーコンの違いって?

最近位置情報を利用したシステムがどんどん登場して話題となりますが、その中でも一番耳にするのがGPSというシステムですよね。でも最近GPSと同じくらい、ビーコンというものが話題となっていることをご存じでしょうか。そこで今回は2つのシステムにどんな違いがあるのかを詳しく解説していきます。まず一般的にも知れ渡っているGPSですが、一言で説明すると人工衛星から発する電波を活用して位置情報を把握するシステムのことを言います。

スマホや携帯電話などで地図を使う時、位置情報を確認するために利用するのがこのシステムであり、カーナビやゲームなどにも活用されているものなので、すでに日常生活に溶け込んでいるものと言えます。対して最近どんどん利用者を増やしているビーコンというシステムは、近距離に信号を発信する発信機のことです。Blutooth機能を利用しているシステムなので、地下や電波が悪いところでも活用できるというのが特徴で、位置や重量などを把握することが出来るので、物流の現場では倉庫内の在庫把握に、飲食店などでは来客人数や回転率などを管理するのにすでに広く活用されています。それぞれのシステムに特徴があり、活用されている現場は全く違います。

位置情報システムを利用した管理を始めたいという方は、GPSとビーコンそれぞれの特徴を比べてどちらが自分の希望にそっているのか確認することで、より便利に利用できるようになりますよ。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.