マーケティングから管理まで使えるGPSビーコン

GPSビーコンが活躍するシーンは人命救助やアウトドアだけにとどまることはなく、様々な場面で活躍しています。マーケティング戦略を考える時に、人の行動を調査したくなった場合には、調査対象者の人にGPSビーコンの発信機をもたせることで、何月何日の何時頃にどこに行ったのかのデータを取得したり、特定の世代が集まる駅がどこなのかなどの情報を把握することが可能です。行動を知ることができれば、ターゲットとしている世代に広告を見てもらうことができたり、流行の店をそのエリアに開店することで効率よく顧客を取り込めます。GPSビーコンが活用されるのは位置情報を知ることが出来るという特性から、物品や人員の位置情報をキャッチするためにも利用されます。

オフィスのイスに設置しておくことで、従業員の着席状況を調べたり、勤務時間の計測などにも使えます。GPSビーコンを在庫の商品や物品に取り付けておけば、出荷時にどこからどこまで移動しているかを調べられたり、持ち出したタイミングはどの時間帯だったのかなどを簡単に記録しておくことが可能です。物品の管理というと人員を配置して管理することが多かったのですが、センサー付きのGPSビーコンの場合には、オンライン上から一元管理ができますので、余計な人件費をかけずに企業を経営していけます。無駄なコストを省こうと考える企業には、このようなシステムがあることで様々な管理業務を簡素化できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.