GPSとビーコンの特徴と活用法

位置情報を把握するシステムとして広く活用されているのが、GPSとビーコンというシステムです。どちらも知ってはいるものの、何が違うのかよくわからないという方のために今回は、それぞれの特徴と活用方法について詳しく説明していきます。まずGPSとは、GlobalPositioningSystemの略のことで、人工衛星から発する電波を利用して位置情報を把握するシステムです。スマホで自分の現在地を確認する時に利用されているのがこのシステムなので、知らないうちに利用しているという方も多いと思います。

どこにいても位置情報を把握するのに便利なシステムなので、カーナビにも利用されていますし、最近はタクシーの配車サービスなどにも利用され始め、日常生活にもう欠かせないものと言えます。一方ビーコンとは信号を発信する機器のことで、Bluetoothで信号を発するので近距離の位置情報のみに利用されます。近距離でしか利用できないならGPSの方がいいのではないかと思われる方も多いかもしれませんが、Bluetoothを利用して情報を伝えるので、電波が遮断されている地下や高層ビル内でも利用できるというのが特徴です。そんなビーコンは図書館内で本のある位置を探すシステムや、アパレルショップでは近づくだけでその商品の情報を読み取ってくれるシステムに応用されています。

それぞれ特徴を生かすことで、どちらもとても便利に使うことが出来る位置情報把握システムなので、一度導入を検討してみることをおすすめします。子供のGPSのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.