子供を様々な危険から守るGPSについて

GPSは子供の現在位置を確認したり通話を行うなど様々な機能を備えており、防犯対策として有効です。子供を狙った主な犯罪には誘拐やわいせつ行為の他に、暴行や恐喝などがあります。わいせつ行為は一般的に女子だけを対象とした犯罪と思われがちですが、男子を狙ったケースも存在するので注意しなければなりません。犯罪や事故に巻き込まれるのは平日の下校時間以降が最も多くなっており、特に1人でいるときに狙われやすい傾向があります。

複数人が一緒にいる場合には、他の子供が周囲の大人に事情を知らせれば早期に対処可能です。しかし1人でいるときに狙われると、大人に知らせる友人がいないため対処が遅くなってしまいます。普段から知らない人物とは関わらないように指導するだけでなく、GPSを持たせて常に居場所を確認できるようにしておくとよいでしょう。いつもであれば帰宅する時間に帰って来ないような場合には、位置情報を頼りに探し出すことができます。

犯罪者はゲームを一緒にしようなどと、子供が油断しそうな言葉で誘ってくることがあります。最近では、不審者を見かけたら積極的に挨拶をして躊躇させるよう指導している学校もあります。この方法だと最初は怯ませることができますが、次第に慣れてしまうだけでなく子供を誘うきっかけを与えてしまいます。犯罪被害に遭うのを防ぐには不審者には一切関わらないように教育し、常にGPSを携帯させて備えておくことが大切です。

万全を期したいのであれば、通報機能のある警備会社が提供する端末を持たせるとよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.