子供とGPSの利用について

子供にGPSを持たせることが良い、持たせたいと考える親は増えています。乳幼児の頃であればまず必要となるようなシーンはないですが、小学校くらいになって、子供一人あるいは友達どうしで多少なりとも家から遠くに出かけるようになると、どうしても事故や犯罪に巻き込まれるのではないかと心配になるものです。このような場合にGPSを持たせていると、100%完全に防げるわけではないものの、相当程度に親の心配事は軽減されます。つまり、いまどこにいるかが明確に分かるという安心感があるからです。

GPSの機能はスマートホンなどで既に理解している人も多いですが、軌道上の衛星との電波交信によって、その場所をほぼ正確に特定することができます。スマートホンの地図情報機能と併せて、自分がいまどこにいて目的地からどれくらい離れているのかなどに使ったことのある人もいるはずです。これを子供に持たせておくことで、例えば自宅のパソコンやスマートホン上で位置情報を確かめることができるわけです。もちろん、これだけでは場所が分かるだけで、そこで何をしているのかなどは分からないわけですが、位置だけでも分かれば相当に安心感があるというものです。

ただ、子供も小学生くらいであれば問題ないでしょうが、中学生とか高校生などになってくると、いつも常に自分の居場所が親に知られている状態そのものを嫌がる可能性もありますから、そのあたりは話し合っておく必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.